このブログは、管理人さくら♪一信徒(日蓮正宗)によるものであり 内容の一切については宗教法人・日蓮正宗とは無関係です.

2016年01月29日

創価学会の真実

創価学会の真実の歴史を知りたい方のサイト
http://www.soka-news.jp/shinjitu/index.html



連日に渡り創価学会員宅をまわっていますが、学会員は幹部に洗脳されて自分の意見が何も言えない状態です。

中には人間らしい命の方もいて、お話ができますが殆どが修羅界以下の悲しい結果です。

また、悲しいのは昔から信心をしているお年寄りの方々の中には、今の創価学会の変貌に気付いてはいるが次世代、つまり子供さんの代になっていて何も口出しができない弱い立場であり、学会を抜けられない人や学会を辞めると家に火をつけられるから無理という人もいたり・・創価学会ってまるでヤクザみたいな世界になってしまったんだなぁと悲しくなるばかりです。

しかし、こうした状況も私達、法華講員が余りにも動かなかった結果なのかとも思います。

全国の法華講員の方々、もっともっと下種・折伏に歩きましょう!

また、創価学会に疑問を感じている方、人生に迷っている方、勇気を出して、お近くの日蓮正宗寺院を訪ね御住職様とお話してみてください!
posted by さくら♪ at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 創価学会について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人それぞれ信じるものが違うのもわかりますし、それぞれの党が自分の信じているものが一番正しいと意地になる気持ちはわかります。

それぞれが信じる道があり、人に迷惑や危害を加えず、正しいことをする。相手も自分も幸せにしていく。
そして徳を積んでいくなら、それでいいと思いますけどね。

宗教に入らせることが徳を積むという考えなら間違いです。
強いていうなら一番大事なのは宗教に入ってその後その人がしっかり幸せになっていけるかどうかです。



ただ、ひとつ



連日に渡り創価学会員宅をまわっていますが、学会員は幹部に洗脳されて自分の意見が何も言えない状態です。

中には人間らしい命の方もいて、お話ができますが殆どが修羅界以下の悲しい結果です。



↑これは人を見下した文章にしか見えません。
ものを上から語る、それが正しい宗教なんでしょうかね。
自分の意見すら言えないのか?みたいな、相手の様子なんて関係ないですよね。
お話ししてて修羅界以下だなーって思ってる時点で人を見下しているんです。


誤解しないで頂きたいのは、だからといって主様の宗教がどうといっているわけではなく、主様個人へ向けてのことです。

Posted by たお at 2016年02月04日 22:31
たおさん、はじめまして、コメントを有難うございます。

そうですね、たおさんの有難い指摘に感謝致します。

相手も自分も幸せになる為に行動をしていますが、まだまだ私は罪障も多く未熟者ですのでお許し下さいませ。

元よりこのブログは、私の実践ブログになっていますので、今現在の私の境界と言うことになります。

たおさんが見下していると取られるなら、私に非がありますね。

ただ、相手の様子までも正直に書いてしまうのが今の私だったりしますので、今後は気をつけます。

この恥を自分の戒めの為に、この記事を残しておきます。
Posted by さくら♪ at 2016年02月05日 02:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433127089
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ドリンクバーゲン会場