このブログは、管理人さくら♪一信徒(日蓮正宗)によるものであり 内容の一切については宗教法人・日蓮正宗とは無関係です.

2016年10月22日

四者広布推進会参加にて

四者広布推進会参加にて
<素晴らしい体験談>

Nさん母子はS50年に創価学会から離れ法華講となり父をH7年に勧戒し、兄夫婦を折伏するも兄嫁は学会から離れられないまま50歳にして髄膜炎で他界し、兄も中々勧戒を受けないでいる中、90歳の母が臨終前に病院のベット上で毅然と兄へ、お寺で勧戒を受けるようにと折伏し法統相続を果たしたそうです。

そして兄は昨年30年ぶりに御登山され、折伏をするまでの信心に変わったそうです。
信心強情な母から無償の愛である慈悲で正しい信心を伝える法統相続の大切さを教えて頂いた事は、
どんな時も戒壇の大御本尊様を信じ折伏をしていく姿だと話されていました。

・支院長より
今だこの仏法を知らない人々、自分の大切な人と共に幸せになっていけるように願って下さい。

例えば食事の美味しい場所があったら伝えたいと思うように大事な事や大切な事は伝えるのであるから、この信心を伝えないと言う事は「無慈悲」である。
慈悲心は最後まで諦めない心です。

親の恩を知らない子供は親の責任にあり、心身ともに育てる事が大事。
親も凡夫であるから懸命に厳しい現実を生き、信心で困難を克服し親としての心の宝を残していってあげて下さいと賜りました。

・教区代表より
オリンピック選手は4年に一度と言う大きな目標があり、自分との戦いである。
金メダルを取ってもすぐ次の戦いへと努力する。
私達はH33年に向かった大きな目標があり、ひとりひとりが心から御本尊様を信じ仏道修行をする。
「身口意の三業」 身体 口 心で信じる。

これは「茶道」などでも決められた形を繰り返しお茶の心を知るが如く法華講の信心は寺院参詣であり寺院の道場へ足を運ぶことは自然に功徳を積むことになる(聴聞の功徳)
須弥山に近づく鳥は金色となる(本尊供養御書1054頁)

<特別ご供養>
人は善根を成せば盛ると言われるようにご供養の功徳は「志」にあり。
「王様の万灯と貧女の一灯」や「土のお団子を供養し後に阿育 王となる」等の法話を頂いた。

大聖人様の時代、ご供養された方々へお手紙を書かれているのが御書の所々にあります。

それ程、ご供養の志は尊いことであり、今のこの「時」に巡り合わせた私達は「時」に叶った功徳を積ませて頂こうと思います♪

ラベル:体験談 推進会
posted by さくら♪ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 広布推進会・広布唱題会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ドリンクバーゲン会場