このブログは、管理人さくら♪一信徒(日蓮正宗)によるものであり 内容の一切については宗教法人・日蓮正宗とは無関係です.

2017年09月12日

龍ノ口法難会(たつのくちのほうなんえ)参詣。

文永8年9月12日子丑の刻(午前2時〜4時)に龍ノ口の処刑場で日蓮大聖人を斬首しようとするが不思議な現象(江ノ島の方から光が飛んでくる)が現れて処刑することができなかった。

事の発端は念仏の僧侶、良寛と雨乞い祈願をし、良寛は破れ、念仏の強信者で国の権力者、平頼綱と良寛が結託して日蓮大聖人を佐渡流罪の名目で鎌倉の松葉谷草庵から引き連れ出し、処刑しようとしたのです。

この龍ノ口の法難を機に大聖人は末法の御本仏としての御境地を顕されました。(発迹顕本)

本日は菩提寺にて御住職様の法話を頂き、私達が何をするべきか、それは大聖人様の御遺命である広宣流布を目指す折伏しか無いことを賜りましたので、今の自分にできることを精一杯やろうと思います。

今月の目標は6名、先日2名の勧戒成就(創価学会より)あと4名を支部の皆と目指します。
ラベル:龍ノ口
posted by さくら♪ at 23:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ドリンクバーゲン会場