このブログは、管理人さくら♪一信徒(日蓮正宗)によるものであり 内容の一切については宗教法人・日蓮正宗とは無関係です.

2016年07月12日

国立戒壇論についてセロリさんのページ紹介

『顕正会員との話し合い。』のページにて

セロリさんよりコメントを頂き、顕正会の誤りについて参考に教えていただきましたので、詳しく載っているページをご紹介させていただきます。

「国教」と「国立戒壇」は似ている!(国立戒壇シリーズ16)

「正本堂の誑惑を破し懺悔清算を求む」の191ページには、「国立戒壇といっても国費で立てるという意味ではない」との主旨の発言がありますので、その顕正会員は浅井会長の国立戒壇論を否定していることになると思います。


戒壇建立のプロセスはハッキリ決めておくべきなのか?(国立戒壇 シリーズその9)

また、「御遺命の戒壇建立の具体的なプロセスは明確でなければならない」という考え方は、顕正会員ならではですよね。
戒壇論について盛んに論議がされるようになったのは近代のことで、明治以前の御法主上人の具体的な発言はありませんよね。もちろん「国立戒壇」の名称も。

セロリさん、ありがとうございます♪

posted by さくら♪ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 顕正会について | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

顕正会員との話し合い。

先日、二人組の真面目な顕正会員が法華講員Sさんの母親の家を訪問していると、Sさんより話が入り話す機会がありました。

いろいろ話すも平行線のままで最後は「私達は浅井先生を信じていますから」大丈夫ですと言うばかりです。
しかし、浅井先生は僧侶でもないし血脈だって受け継いでいる訳でもないのに、本当に正しいって言えるのでしょうか、という問いには無言でした。

そして、話は「国立戒壇の主張」を切り札にしてきました。

その顕正会員によると、国主である天皇が大聖人様の正法を信仰をして国費でもって天母山に立てるのが国立戒壇建立だと言いました。

しかし、民主主義の現在の国主は国民一人ひとりではないでしょうか、また国に任せっきりもかなり危険なことですよね。もし天皇の気が変わって信仰をやめれば国費で建てものはどうなってしまうのか考えただけでも危ないです。

また天皇が正法を信仰し国民全員に命令しても、信仰の自由の名のもとに皆がするとも思えません。

そして、天母山説も無理があり、現在の天母山の場所には邪宗の天母山法華道場が立っており、ゴミ処理場もあり不浄の地ですよと言うと、今はそうでも将来は清くなるのだと言うので、現在の大石寺こそ日興上人様が選ばれた最勝の地であり、この聖地こそ将来の戒壇建立にふさわしい地ですよと言いましたが、やはり平行線になってしまいました。

更に顕正会員は宗門での戒壇建立がどうなるのかを聞いてきましたので、国民の大多数が正法を信仰し広宣流布が達成した後に戒壇建立がされるのだと言うと、具体的にどうゆう方法なのかと問うので、現時点ではまだまだ広宣流布には遠いし、その時代がくれば、その時の猊下様の御指南で決まると話しましたが、元より顕正会員には猊下様の御指南の意味や仏・法・僧の三宝を正しく敬えないのですから、なかなか理解していただけないのだと思いました。


「凡そ謗法とは謗仏謗僧なり。 三宝一体なる故なり」(真言見聞 新編608)
                        
三宝一体より法を謗ることは同時に仏や僧を謗ることであり僧を謗るとは同時に仏と法を謗ることになると、厳しく誡められています。


【仏宝】…日蓮大聖人様
 
「仏・世尊は実語の人なり、故に聖人・大人(だいにん)と号す」(開目抄)
「日蓮は日本国の諸人に主師父母なり」(開目抄)
日蓮大聖人様は主師親の三徳を具えた御本仏です。
末法の人々を庇護(ひご)し(主の徳)、教え導き(師の徳)、養育(親の徳)して下さります。

【法宝】…本門戒壇の大御本尊様

日蓮大聖人様は、末法の人々を成仏得道するべく、出世の本懐として本門戒壇の大御本尊様を顕わせられました。(弘安2年10月12日)
 
【僧宝】…第二祖日興上人

日興上人をはじめ血脈相承を受けられた御歴代上人及び広い意味では、日蓮正宗の御僧侶。
 
「仏宝・法宝は必ず僧によって住す」(四恩抄)
仏の徳とその教えは、僧侶によって後世まで伝えられると申されています。
posted by さくら♪ at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 顕正会について | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

顕正会員、獅子吼さんコメントより。

顕正会員、獅子吼さんよりコメントを頂き、動画も記載下さったので記事とさせて頂きました。

<コメント原文>
偉大なる無二の師匠・浅井先生の元へ
無敵の教学力、プレゼン力、指導力、話術をお持ちになられる偉大な無二の師匠・浅井昭衛先生のご指導を真剣に聞きましょう!

無二の師匠・浅井先生は難解な日蓮大聖人の仏法を、現代に生きる私達に非常にわかり易く、熱くご指導くだされています。

私は、生きている間に無二の師匠浅井先生と冨士大石寺顕正会に出遭えた事を、心から喜んでおります。
そして、無二の師匠・浅井先生のご指導がすべての人の生きる勇気、力となることを確信しております。
私に出来ることは、浅井先生と顕正会の素晴らしさを一人でも多くの皆様にお伝えすることです。


+++++++++++++++++++++++++
獅子吼さん、コメントを有難うございます♪

さて、獅子吼さんは現役顕正会員のようですね。

記載下さった動画見ました。
『日蓮大聖人の仏法 折伏理論解説書講義ー1 とあり、
(第1〜8章、付(つけたり)宗教批判の原理)』

どうやら、折伏理論書というものの講習会ですね。
気になった浅井さんの言葉を書き出しました(赤文字)

折伏理論書は
仏法に無知な現代人を3代秘宝に導く案内書」になっているようです。
しかしそれは
日蓮正宗によって全部準備が整っている
そうですね、全ては日蓮正宗にあるものですからね。

全てのことはもう御書に解かれています御書に解かれていないことは一つもないんですね。
ただ、私達の読み方が悪いだけなんです。


確かにそうだと思います、残念ながら浅井さんも読み方は我見でしょう。

そこに日寛上人様が御書の解説を下さった。
直ちに現代人に三大秘宝を分からせる。

では、三大秘宝とは?
・本門の本尊(各末寺・家庭の御本尊様)
・本門の題目(文底秘沈の南無妙法蓮華経)
・本門の戒壇(富士大石寺御安置の戒壇の大御本尊様)
この3つが揃って三大秘宝になるんですよね、全部揃っているところは日蓮正宗のみで顕正会にはありませんが・・

そういうような事は御書に全部出ている、御書をずうっと拝読しては、凡夫では分からないから日寛上人の御指南をまた頂くんです。御書を拝読して日寛上人の御指南をいただき日寛上人の御指南を見ては御書を拝読する。
その御書が顕正会に無いから、折伏理論書を作成したのでしょう。
でも御書でなければ全部はわからないんですよね?
また、凡夫では分からないから日寛上人(猊下様)の御指南を拝するんでしょう。

そして、最後には、何度も読んで夜中でも自分で思いついたことをまとめたのが折伏理論書との説明でしたが、
要は大聖人様の御書の解説をして下さった日寛上人の言葉をまとめただけ・・現代人に分かりやすくとは言うけれど、分かりやすく解説下さったのは日寛上人であるわけですよね?

しかし、浅井さんは「凡夫では分からないから日寛上人の御指南をまた頂くんです。御書を拝読して日寛上人の御指南をいただき日寛上人の御指南を見ては御書を拝読する。」と言うのですから、浅井さん(凡夫)が日寛上人の解説をまとめてもそれだけでしかないと思います。

浅井さんの弁舌は素晴らしく早すぎて流されそうになりますが、じっくり聞くとやはり矛盾があるんですよね。
多分、顕正会の人は浅井さんの御書学が全てだから分からないと思いますが、浅井さんは僧侶でも無いので御法門解釈は不完全です。
だから日寛上人様から学んだのは良いけれど、所詮在家は在家なんですよね。。

顕正会も創価学会も血脈否定するけれど、三大秘宝が揃った場所で法を守り、一日たりとも欠かさず丑寅勤行をされ広宣流布を願われ、戒壇の大御本尊様の厳護と令法久住する日興上人様より続く猊下様の役割を果たす僧侶にのみ血脈は流れゆくから決して途絶える事がないんですよ。
極端な話、日蓮正宗自体が日興上人様から続いている法で、その時の猊下様と決まればそのように大聖人様が導いて下さるのではないでしょうか。
それを法門を教えてもらう立場の者が上から目線でものを言うこと自体凡夫の儚さと思います。

浅井さん、池田さん、どんなに偉いかわかりません、またどんな理由をつけても本門戒壇の大御本尊様=日蓮大聖人様に御目道理が許されない者は正法への道は無いと思った方がよいでしょう。

最後に獅子吼さんへ
私に出来ることは、浅井先生と顕正会の素晴らしさを一人でも多くの皆様にお伝えすることです。

と言っておりますが、
私は、こうした間違った教えに洗脳されている皆様に日蓮大聖人様の正しい仏法をお伝えすることです。
posted by さくら♪ at 04:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 顕正会について | 更新情報をチェックする
ドリンクバーゲン会場