このブログは、管理人さくら♪一信徒(日蓮正宗)によるものであり 内容の一切については宗教法人・日蓮正宗とは無関係です.

2014年04月19日

5時間唱題会に参加

今日は5時間唱題会でした。
前日に御寺から皆へ参加メールを頂き有難い事です。
私も電話とメールで連絡をさせて頂きました。
1人でも多く、少しの時間でも唱題の功徳を積んでもらいたいです。

そして、いつも思うのですが、こうした徳を積める御寺へ行けると言う事は本当に幸せな事と思います。
日蓮正宗のお寺は正法ゆえ近づき難しとでも言いましょうか、行こうと思わなければ行けない場所なのです。

そう思うのは謗法である神社や創価学会や顕正会その他の新興宗教の会館などは簡単に行けるのですから不思議です。

また今日はお寺で、ある講員さんから旦那さんが朝の勤行をきちんとするようになってから
仕事のトラブルなどあっても不思議と誰かが助けてくれたりでスムーズに解決していくようになったと喜んでいると言うお話を聞きました。
これは変化(へんげ)の人の現われで、信心をしっかりしていくと、必ず仏様や菩薩や諸天善神が変化(へんげ)の人を遣わし、その人を守ってくださるといいますし、その旦那さんは勤行をする事で実体験をしたのですから素晴らしい事と嬉しくなりました。

もう一人の方のお話しは身体の弱い娘さんが仕事のストレスなどから熱を出したりしているので、これを機に信心をしてもらえるように願って行き、また息子さんに子供が産まれるので法統相続をしていくので唱題をしっかりして頑張ると言っていました。

お寺は信心の根本道場と言われますが皆さんそれぞれの人生と真剣に向き合って努力する姿に私も更に頑張ろうと思いました。

5時間唱題後に顕正会員の下種先に向かいました。
相変わらず話しをよく聞いて下さる方なのですがお寺にお誘いしても何かに引き止められているかのように行く事が出来ない状態です。
自分の事は余り話さない人なので今後も足を運んでいこうと思います。

さて、明日は広布推進会に参加してきます♪
posted by さくら♪ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 支部唱題会 | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

10時間唱題会♪

日差しが眩し〜い♪
と、感じる季節になってきましたね^^

今日は支部の10時間唱題会の日です。

昨日は残業もあり、今朝は起きるのが
少し遅くなりましたが朝の勤行をして元気に出かけてきました♪

また、今日は少年部の日でもあったので
唱題会の合間に30分ほど、可愛いお子ちゃま達へ
御住職様がご指導する姿を見させていただきました^^;

小さな手で御数珠にお経本を持って
御住職様のリズム合わせて、一生懸命に唱えていました。

子供って素直でいいですねぇ〜♪


私は今日は約3時間30分の御題目を
唱えることができて幸せです♪

そして、残念ながら今から仕事へ行きますので
あとは支部の皆さんにお任せして行ってきますヽ(^o^)丿

また、じもんさん、六道仙人さん、いつも有難うございます。
帰宅したらまたコメントしますので宜しくお願い致します。


ラベル:10時間唱題会
posted by さくら♪ at 15:47| Comment(20) | TrackBack(0) | 支部唱題会 | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

2月3日 広布唱題会+節分会

2月3日(日)
広布唱題会並びに節分会に参加してきました。

唱題後に御住職のお話しを頂き、
その後、節分会となりました。

節分会には、お友達を連れて参加された方もいらっしゃいました。
流石だなぁと思いました(*^^)v

私も友人を連れて参加できるよう頑張りたいと思います。


日蓮正宗では「福は内」とだけ言います。
鬼には法華経を信じ護る善鬼がいるためです。
しかし、悪鬼は人の心に入りますので
負けないようにしっかり
信心して行かなけれなりませんね。
2013_2_3_01.jpg
節分会で頂いた御供物

++++++++++++++++++++++
日蓮大聖人様は開目抄で

「無智悪人の国土に充満の時は
摂受を前(さき)とす、
安楽行品(あんらくぎょうぼん)の如し。
邪智謗法の者多き時は折伏を前とす、
常不軽品(じょうふきょうぼん)の如し」

その時代や、そこに住んでいる人々の
機根により摂受は柔軟(にゅうなん)に
仏の教えを説きます。

法華経の「安楽行品」
初心の者が悪世に法華経を安楽に
修行して仏果を得るための摂受の行法
「諸天昼夜。常為法故。而衛護之。」
(御書三九六)
と説かれ、御本尊様を信じ御題目を唱えれば、
昼夜にわたり諸天善神の守護が頂けます。

末法の今は謗法(ぼうほう、正しい法をそしる)
のときは折伏でもって
相手に正しい仏法をひろめていきます。

私達は理論で問い詰めるのではなく、
常に穏やかに忍辱の心でもって優しく
相手に接しながら折伏をしていく事の
大切さを教えて頂きました。

朝夕の勤行唱題を毎日怠ることなくで積み重ね
一人一人が積功累徳(しゃっくるいとく)を賜り

7月16日までに19人の折伏達成を
して行きましょうとお言葉を頂きました。

ラベル:節分会 折伏 摂受
posted by さくら♪ at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 支部唱題会 | 更新情報をチェックする
ドリンクバーゲン会場